NEWS
2020.09.15

不正メール(なりすましメール)に関する注意喚起

オープンイノベーションオフィスSENQ
運営 日本土地建物株式会社

日頃より SENQをご利用いただき誠にありがとうございます。
2020915日、SENQを装ったメールが不正送信されるという事実を確認いたしました。 

不正メールは、当社及びSENQから発信したものではございません。 

SENQ」または「SENQマネージャー」を差出人とする不審なメールを受信された場合、
メール本文のウイルス感染や不正アクセスなどの危険がありますので、
添付ファイルの開封やメール本文中のURLのクリックを行わず、
メールごと削除(ごみ箱からもメール削除)していただくようお願いいたします。

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)、本件に類似する、
Emotet」と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメールについて、概要、手口、対策等が掲載されています。
手口及び対策を抜粋させて頂きますのでご参照ください。 

 ※独立行政法人情報処理推進機構
  「
Emotet」と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメールについて
         
https://www.ipa.go.jp/security/announce/20191202.html


 ■攻撃メールとその手口独立行政法人情報処理推進機構HPより)
  ・「差出人」および「件名」は、なりすまして送信されます

  ・本文に「攻撃者の文章」が付け加えられます
   (数行の日本語の事例が複数存在)

  ・「不正なファイル」が添付されます
  ・本文に「不正なURL」が記載されます    
  ※攻撃メールと手口の詳細は、独立行政法人情報処理推進機構HPにてご確認下さい。

  ■対策独立行政法人情報処理推進機構HPより。一般的なウイルス対策として推奨されています。)
        ・身に覚えのないメールの添付ファイルは開かない。
   メール本文中の
URLリンクはクリックしない。

  ・自分が送信したメールへの返信に見えるメールであっても、
   不自然な点があれば添付ファイルは開かない。

  ・OSやアプリケーション、セキュリティソフトを常に最新の状態にする。
  ・信頼できないメールに添付されたWord文書やExcelファイルを開いた時に、
   マクロやセキュリティに関する警告が表示された場合、
  「マクロを有効にする」「コンテンツの有効化」というボタンはクリックしない。 
  ・メールや文書ファイルの閲覧中、身に覚えのない警告ウインドウが表示された際、
   その警告の意味が分からない場合は、操作を中断する。

  ・身に覚えのないメールや添付ファイルを開いてしまった場合は、
   すぐにシステム管理部門等へ連絡する。
 

RESERVE

内覧予約はこちらから