食のイノベーションを起こす!SENQ京橋

 2020.07.20  丸田カヨコ

「仕事をする場所」としてだけでなく、多様な業界から知見を持った先駆者が集まり、新たな価値が生み出すための出会いの場であるSENQ拠点ごとに設定したテーマのもとで、企業の垣根を越えてボーダレスにアイデアや課題をシェアできる場所だからこそ、そこに惹かれた人が集まってくるのかもしれません。

今回はその中から、「FOOD INNOVATION」をテーマに持つSENQ京橋のおすすめポイントをご紹介します。

「食」の先駆者が集うSENQ京橋

SENQ京橋は、飲食料品メーカー、老舗料理店が多く、日本全国とつながる食の都・京橋で、「FOOD INOVATION」をテーマに掲げ、食に関連するさまざまな企業が集まるオープンイノベーションオフィスです。

コワーキングスペースとしては希少なシェアキッチンを備え、セキュリティ面に優れた専有スペース(ルーム・ブース)と、2フロア吹き抜けの開放的な共用スペース(コワーキングスペース)で構成され、さまざまなワークスタイルに対応する充実した設備を揃えています。

東京駅至近で遠隔地からのアクセスに優れた立地もあって、地方に拠点を置く生産者や製造業者などの「東京で活動する際の拠点」としても多くご利用いただいております

シェアキッチン・ルーム・ブース・コワーキングスペース

[RELATED_POSTS]

Webで見る!SENQ京橋ならではの見どころ

開放感あふれる空間に食へのこだわりが散りばめられた共用スペース(3F)

@エントランス

エントランスSENQ京橋は3階・4階の2フロアで、3階はレセプション、コワーキングペースとブース、4階はルームとシェアキッチンで構成されています。3階エントランス左手のボードには、会員の社名が入ったマグネットがズラリと並んでいます。

@レセプション

レセプションコワーキングスペース

エントランスのすぐ左手がレセプションです。吹き抜けの窓から光が差し込む明るいカウンターで、レセプショニストがお出迎えします。受付からはコワーキングスペースが見渡せる作りになっているため、お困りの方がいればすぐに気づいて対応できます。

@レセプション前のご紹介スペース

ご紹介スペース親しみやすい雰囲気のレセプション前のスペース。人通りが多く、目に留まりやすい場所のため、会員のパンフレットや商品を展示してご紹介しています。

@コワーキングスペース(共用スペース)

コワーキングスペースコワーキングスペース

開放感抜群の吹き抜けが印象的なコワーキングスペース。六角形・四角形のさまざまなサイズのテーブル席と、大きな窓に面した見晴らしの良いカウンター席、集中した作業に適した室内向きのカウンター席を備えています。

六角形テーブル

SENQのロゴと同じ六角形のモチーフが印象的なテーブルは、4席と6席の2サイズあり、人数や用途によって使い分けられます。デザイン性の高さはもちろん、大人数でも全員と向かい合って打合せできるのは魅力的です。

コワーキングスペースではイベントも開催しています。

イベント開催時のコワーキングスペース
※イベント開催時のコワーキングスペース

@予約制ソファ席

予約制ソファ席窓際の打合せ専用ソファ席は、無料ながら予約制をとるほどの人気スペース。京橋の街を眼下に臨めるこの場所は、来客のおもてなしにおすすめです。「冬季はクリスマスイルミネーションを眺めながら仕事」なんていうのも、この場所ならではの働き方ではないでしょうか。

@ライブラリ

ライブラリライブラリには、SENQ京橋のテーマでもある「FOOD INNOVATION」を刺激するような、食に関する書籍・雑誌や、スタートアップ向けのビジネス書が。この2ジャンルでセレクトされた本棚はなかなか珍しいかもしれません。

@ダイニングテーブル

ダイニングテーブル営業時間中いつでも使える食事専用テーブル。11時~14時のランチタイムはコワーキングスペースのどこでも食事もOKですが、それ以外の時間の食事はここで、と決められています。「食」をテーマにしている施設だからこそ、食べる時間やスペースもきちんと考えています。

@カフェエリア

カフェエリア「食」のSENQ京橋だけあって、共用の冷蔵庫は当然、業務用サイズ。メンターから送られてきた新鮮な野菜や、会員からお裾分けいただいた食品が保存されていて、「ご自由にどうぞ」ということも多いです。食通の間で人気の高級トースターなど、キッチン家電にもこだわっています。

@フォーンブース

フォーンブース2つ並んだドアの向こうは、電話をする際に利用するフォーンブース。共用スペースの環境や、プライバシーを守るための設備ですが、会話すること自体に気を使う昨今、とても重宝されています。

@ロッカールーム

ロッカールーム

共用スペースを利用するコワーキング会員、ブース会員用のロッカースペース。登記利用などで住所登録している会員の専用ポストもあり、不在時はレセプショニストが郵便物を取り次いでくれます。

高い天井と窓から差し込む光、開放感あふれるブース(3F)

@ブース

ブース

半個室のブース。広いスペースを11室に区切る形で構成されていますが、ブースごとに専用の照明を備え、エアコンも3エリアに分けて調節できます。こちらのスペースの利用はブース会員のみに限定。来客対応はコワーキングスペースでと決められているなど、セキュリティ面も配慮しています。

ブース

ブースの一例。机と椅子が備えつけられているため、入居後すぐにご利用いただけます。写真のブースは、窓と壁に向かってL字のデスクが造りつけられ、背面にはキャビネットというレイアウトになっていますが、壁側のデスクのみの少人数用ブースもあります。

フレキシブルなシェアキッチンとオフィスらしいルームが共存する(4F)

@しゃべくりSENQ

しゃべくりSENQ

4階には、電子レンジやお湯のポットなどを自由に使える共用エリアがあります。ここでは毎月のイベントスケジュールを共有するボードがあり、ちょっとした会員同士の情報共有にも活用いただいています。

撮影当時は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う自粛期間中であったこともあり、イベントスケジュールを記入するためのボードは、「しゃべくりSENQ」と銘打ったコミュニケーションの場に変身。会員の皆さんが自由に記入できるということで、撮影時はおすすめランチを紹介しあう書き込みが見受けられました。

@シェアキッチン

シェアキッチン

SENQ京橋最大の特長であるシェアキッチン。都内でもコワーキングスペースにシェアキッチンが併設されているケースは希少です。商品を試食しながら商談する、出店前にレシピ開発をする、食材やメニューの写真撮影をするといったことが、オフィスと同じ場所でできるため、このキッチンを目当てに会員になる方もいらっしゃいます。撮影やレシピ開発などにも使いやすいアイランドキッチンは、フライパンや鍋などの調理器具も充実しています。

食器棚

背面には、大容量の冷蔵庫と天井まである造りつけの食器棚があり、低温調理器などのキッチン家電と食器類などが収められています。

傍らのテーブル席で試飲会や試食会を行えるだけでなく、ここで調理した料理を3階のコワーキングスペースへワゴンで運ぶこともできますし、調理の様子を撮影して3階のスクリーンへ生中継するといった料理番組のようなデモンストレーションもできます。会員同士の交流イベントでもこのキッチンは大活躍。これまでにチョコレートフォンデュや流しそうめん、たこやきパーティなどの企画が行われています。

@ルーム

ルーム

4階には、完全個室の「ルーム」が7室あります。写真のルームは、一面の窓から吹き抜けスペースや屋外の様子が臨める、開放感抜群で人気の1室。落ち着いた内装にもオフィスらしさが感じられます。

@エントランス(4F

エントランス(4F)

一枚板の立派なボードが印象的な4階エントランス。コワーキングスペースでありながら、ルーム会員は、3階の共用スペースを経由しなくても、ここから直接ルームに入室したり、来客を迎え入れたりできます。

SENQ京橋は「安心して帰れる場所」に

「食」のテーマに通じた、業界も世代も幅広い会員、それぞれに寄り添うコミュニケーションを大切にしているSENQ京橋。

レセプショニストの「お仕事する場所だけではなくて安心感、帰ってくる場所、といった存在になれるように努めています」という言葉にも、ちょうどいい距離のアットホームさが感じられます。食の街・京橋を駆け回るための、そして帰れる場所としてのホームが欲しくなった方は、ぜひ内覧予約を。

 

(ライター:丸田カヨコ)

 

資料ダウンロード

RELATED POST関連記事


RECENT POST「ブログ」の最新記事


食のイノベーションを起こす!SENQ京橋
内覧予約フォーム
コワーキング法人向けプランのご案内

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事