コワーキングスペースは「働く場所」だけじゃない! 意外な使い方を紹介

 2020.09.07  鈴木博子

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、多くの企業がリモートワークの採用に踏み切った現在。オフィスとしての自宅環境が整っていないとの理由や、業務遂行上の観点から、コワーキングスペースを活用している企業も増えています。

今後もこの傾向は続くと思われる一方で、コワーキングスペースを「ただ作業をするための場所」としか認識していない人が多いのも事実。

しかし実際には、コワーキングスペースにはさまざまな活用法があり、上手に使うことでビジネス効率を上げている人も少なくありません。いったい、どのような活用法があるのでしょうか。その事例を紹介します。

コワーキングスペースのメリットとは?


「作業ができる」だけでなくコミュニティーの形成も

新型コロナウイルスの影響により、自宅での勤務に切り替わった人も多いのではないでしょうか。しかし、「自宅では子どもがいて、仕事に集中できない」「Wi-Fiが整っていないため、仕事ができない」という人もいるのでは?なかには、「ひとりで仕事をしているとモチベーションが持続しない」という人もいるかもしれません。

そのような人におすすめしたい場が、コワーキングスペース。コワーキングスペースとは、働くのに適した設備や環境が整ったワークスペースを複数人で共同利用できる場のこと。SENQのようにセキュリティー面の整った独立した事務所スペースと会議室・打ち合わせスペースなどの共用施設が併設されている施設もあります。

これまでも、都心部を中心にコワーキングスペースの開設が続いていて、利用者は起業家やフリーランスが中心でした。しかし新型コロナウイルスの影響により、「自宅で仕事ができない」という会社員がコワーキングスペースを利用するケースが増加。なかには、企業がコワーキングスペースを借り上げ、自宅で仕事ができない社員のために開放するというケースもあります。

それでは、コワーキングスペースを使うことは、働き手にとって、いったいどんなメリットがあるのでしょう。いくつかピックアップしてみましょう。

1)低コストで仕事場を利用できる

コワーキングスペースは、多くの場合、内装工事費が不要だったり、敷金や保証金などの初期費用が低価格に設定されているため、オフィスを借りるよりも、移転に関する初期費用が抑えられます。

コワーキングスペースのみの利用は月単位、あるいは時間単位での一次利用(=ドロップイン)が定番。金額には、机や椅子などの利用料のほか、インターネットの利用代や光熱費なども含まれており、価格設定が明瞭です。

2Wi-Fiやプリンターなどの設備が整っており、仕事場としての利便性が高い

通常、コワーキングスペースはWi-Fi環境が整っており、簡単な設定作業を行えば、すぐにインターネットに接続することができます。セキュリティーが充実していることも多く、安心して使えます。また、プリンターやシュレッダーなどの設備もそろっているので、「自宅よりも、仕事に適した環境が整っている」という人も多いでしょう。

加えて、打ち合わせに便利な会議室やイベントスペースなども完備。それらの施設を利用するには別途、費用が発生するケースもありますが、必要なときだけそれらを使うことができるので、無駄なコストを省略することができます。

3)さまざまな人が集まるため、人脈を築くことができる

コワーキングスペースを利用する人はさまざまです。普段、仕事をするうえではなかなか知り合えないような業種の人たちも多く、多くの面で刺激を受けるでしょう。コワーキングスペースによっては、利用者向けの交流会やイベントを開催することもあるので、そうした機会を生かして人脈を築くこともできます。

[RELATED_POSTS]

「作業」以外に、どう使える?

不定期開催のイベントにも幅広く対応

充実した仕事環境が整ったコワーキングスペースは、作業の場として利用されることも多いですが、コワーキングスペースには作業の場以外にも、活用法がたくさんあります。どんな用途があるのか、例を挙げてみましょう。

(1)打ち合わせの場として

例えば、オフィスを持たず主に自宅で作業をしているフリーランスの人が、クライアントと打ち合わせをする場合、喫茶店や貸し会議室などを利用することが多いのではないでしょうか。

しかしコワーキングスペースは会議室も備えているため、「作業の場としてのオフィス環境は不要だけど、対話の場として会議室は利用したい」というときにも使えます。なかにはコーヒーなどのドリンク類を提供してくれたり、コワーキングスペース内のカフェから出前をとることができたりする場合もあり、とても便利に活用できます。

(2)イベント開催の場として

コワーキングスペースのなかには、大型のイベントスペースを備えているところもあるので、数十人程度の観客を呼んで講演会やセミナーを開催する際、レンタルスペースとして活用できます。

カフェを併設しているコワーキングスペースでは、お酒や料理を用意してくれることもあるので、懇親会やパーティーなどの開催に便利。プロジェクターやマイク、スピーカー、ホワイトボードなどを備えているところもあります。

(3)キッチン設備を活用して試食会を開催

水道やコンロなどキッチン設備を備えたコワーキングスペースなら、製品開発や試食会開催に便利。実際、フード関係の企業が新商品のマーケティング調査を行う際に、コワーキングスペースのキッチンスペースを活用することもあります。
「FOOD INNOVATION」がテーマのSENQ京橋にもシェアキッチンがあり、試食会やイベントを行っています。

コワーキングスペースを最大限活用するために、確認すべきポイントは?

料金や時間、アクセスなど事前確認を念入りに

現在、街なかにどんどん増えているコワーキングスペース。そうしたスペースを最大限活用するためには、どんな点に注意して選べば良いのでしょうか。コワーキングスペースを探す際、チェックしたいポイントを挙げてみましょう。

(1)利用方法、料金はどのようなシステムか?

コワーキングスペースの利用システムは、施設により異なります。月額の会員制か、あるいは、日払いのドロップインでも可能かなどを念入りに確認。

机や椅子などのワークスペースは日払いでの利用が可能でも、会議室などの施設は月額会員のみが利用できるという場合もあります。どんな目的で、どの施設を、どんなふうに使いたいのかを明確にして、目的に合った施設を選びましょう。

(2)個室利用の場合、働きやすい環境か?

多くの場合、コワーキングスペースにはさまざまな人が出入りしますから、多少なりとも雑音がするのは避けられません。個室を利用したいという場合は、事前に個室を見学させてもらうなどして、目的にふさわしい場所かどうか見定めると良いでしょう。

(3)懇親会やワークショップなどのイベント開催が可能か?

コワーキングスペースによっては、懇親会やワークショップなど、不特定の顧客を集めるイベントがNGというところもあります。また、イベントの開催自体はOKでもアルコールの提供はNGという場合もあります。そうした施設ごとのルールも事前に確認しておきましょう。

(4)営業時間は?

独立したオフィススペースと会議室などの共用スペースの営業時間が異なる場合もあります。また、コワーキングスペースに併設されたカフェからドリンクやフードを提供する場合には、カフェの営業時間もしっかり確認しましょう。

(5)施設の場所は?

イベントや打ち合わせを開催する場合、集まる人たちにとって利便性の良い場所かどうかが大事。「ターミナル駅に近い」「駅から徒歩圏内」などアクセスの利便性も考慮して選びましょう。

(6)インターネット、フリードリンク、ラウンジなどの設備が整っているか?

コワーキングスペースを利用する目的に応じたサービスが整っているか、確認しましょう。インターネットが利用できる場合は、そのスピードやセキュリティーについても確認しておくと良いでしょう。

コワーキングスペースは独自性を打ち出すため、各施設のカラーや個性が強いことが多いので、「利用する目的にふさわしいか?」「利用したいサービスはそろっているか?」などを考慮しながら施設を選ぶことが大切です。施設選びを行う前には、利用目的や利用シーンを明確にイメージしておくと良いでしょう。

それぞれの働き方をより快適にする、目的にあったコワーキングスペースをぜひ探してくださいね。SENQ各拠点(京橋霞が関六本木青山)でも内覧予約を随時受け付けています。拠点を紹介した内覧記事もぜひご参考ください。

参考:

食のイノベーションを起こす!SENQ京橋
日本をリードする新たなイノベーション。SENQ霞が関
常識を覆すイノベーション!SENQ六本木

 

(ライター:鈴木 博子)

 

資料ダウンロード

RELATED POST関連記事


RECENT POST「ブログ」の最新記事


コワーキングスペースは「働く場所」だけじゃない! 意外な使い方を紹介
内覧予約フォーム
コワーキング法人向けプランのご案内

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事